にきびを予防する方法

バナー

にきびを予防する方法

にきびを予防するには、洗顔、食事、生活習慣などにおいて注意が必要です。

肌が不衛生なのはもちろん良くないので、にきびの予防には正しい洗顔が必須です。
だからといって洗顔のしすぎは肌に負担をかけてしまうので、朝夜2回の洗顔が適切です。
夜は洗顔料を使ってきちんと汚れを落とします。

にきびの薬情報選びを親身になってアドバイスいたします。

メイクをした日はクレンジングを使った後、洗顔料でクレンジングの油分を落とします。朝は肌質によって洗顔方法が変わります。

乾燥肌や敏感肌の人は、朝は洗顔料を使わず、ぬるま湯だけで洗顔するのがおすすめです。

普通肌、オイリー肌の人は朝でも洗顔料を使い、皮脂を落とします。

肌をゴシゴシこすらず、優しく洗ってあげることが大切です。


洗顔後はすぐに化粧水、美容液、乳液で保湿をしましょう。



にきびの予防は、洗顔だけに気をつけていれば良いという訳ではありません。
シーツや枕カバー、パフやスポンジなどの肌に触れるものを清潔に保つということがまずひとつです。また、ホルモンバランスの乱れはにきびの原因になります。

Twitterについてわかりやすく説明しています。

ホルモンバランスを保つためには、適度な睡眠をとる、ストレスをためすぎない、といったことが大切です。


バランスの良い食事を心がけることも、にきびの予防につながります。

ビタミンB2とビタミンB6が特に効果があるといわれているので、バランスを考えたうえでこれらの成分を取り入れると良いです。

ビタミンB2はレバー、卵、納豆、牛乳など、ビタミンB6は豚肉、鶏肉、牛肉、イカ、タコ、サツマイモなどに多く含まれています。

Copyright (C) 2015 にきびを予防する方法 All Rights Reserved.